<< ・・の違法残業問題 | main |

【苦境と躾】

【苦境と躾】

 

生きていると何度も苦しい立場に立たされます。

子供の頃に何度も失敗を重ねていると知恵がつき、大人になった時に役立ちます。

子供の頃に過保護に育ったり、親の欲目で失敗をしない子に育つと知恵ががつきません。

 

苦境を突き詰めていくと全て対人関係に結びつきます。

病気になった、失恋した、借金をした、誰かが死んだ。

全て対人関係に結びつきます。

 

【苦境】にはふた通りあります。

「1」自分から苦しい状況に入る人。

「2」何故かわからないが、気が付くと苦しい立場にいる人。

 

「1」の人は、ひと(他人)との関わり(絆)を大切にする考えをもつています。

誰と決めずに相手をかばったり、もめごとの仲裁にたけています。

 

「2」の人は、自分本位の考え方をし利己的な欲を強くもっています。

「もめごと」の仲裁をしても私利私欲が働き解決できません。

子供の頃に失敗の経験が少なく「知恵不足」になっています。

 

人は犬猫と違い【群れの中】で生活します。

対人関係の失敗を重ね、集団生活をする知恵が大切です。

知恵がなければ何度も【苦境】にたたされます。

大人になって苦境を味わっても、利己的な心だと知恵がつきません。

 

対人関係を円滑にする知恵がないと【窮地】に陥ります

自分だけ、自分だけと利己的な考え方をすると、

窮地に陥った時に助けてくれる人がいません。

【孤立し、苦しみ】ます。

 

助けてくれる人がいなくて窮地にたつと【うつ病】になっていきます。

今の世の中、うつ病予備軍が蔓延しています。

その予備軍は躾から始まっています。

 

【躾】

子供から大人になるまでの考え方を【三つ子の魂百まで】ともいいます。

親の考え方は子に伝わます。

利己的な考え方は【七代祟る】とも言います。

 

我が子が苦痛を何度も味あうことがなく。

窮地に陥ることがないように、

【躾】と称して親の考え方を子供に強制しないことが大切です。

 

子供の内に失敗を重ねるのは悪いことではありません。

今の世の対人関係が殺伐しているのは、親の躾が起源です。

 

利己的な考え方は、【引きこもり、キレたり、逃げたり】します。

 

何かの問題で苦境にたつと戦わずうずくまり(引きこもり)ます。

自分の意が相手に通じないと、【キレたり、DV、虐待、反社会的行為】をします。

自分をごまかして飾る(逃げる)と、

自信がなくなり、友達が減り、何度も苦境に立たされます。

 

躾は子供に【失敗の経験をさせる】ことが大切です。

なかなか難しいのですが・・・・・。

posted by: sagaraki | - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://sagarablog.kokorojp.net/trackback/453